« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

甲子園の奇跡

門田隆将著「甲子園の奇跡 斎藤佑樹と早実百年物語」(講談社文庫)を読む。

1931年夏の甲子園1回戦、中京商業にサヨナラ負けを喫して、早稲田実業のピッチャー島津雅男が、マウンド上に崩れ落ちる。中京商業のこの1勝は、このあと「夏の大会3連覇」を達成することになる中京商業の「最初の1勝」である。

それから75年がたった2006年夏、中京商業以来の「夏3連覇」に駒大苫小牧がのぞむ。今度はその「最後の1勝」を阻むべく、奇しくも同じ早稲田実業のピッチャー斎藤佑樹がマウンドに立ちはだかる。

本書によると、斎藤はこの「時空を超えた因縁」を、あらかじめ知った上であの試合にのぞみ、当時92才の島津もしっかりと母校の初優勝を見届けている。

2人の間に存在するのは、百年にわたる早稲田実業野球部の、長い歴史の物語である。そこに登場する王貞治、宮井勝成、荒木大輔、小沢章一、和田明といった名選手名監督のエピソードがとても興味深く、現監督の和泉実による「百年分の言霊」という解説も感動的であった。トケオ

Photo_2

1958年東都大学野球リーグ優勝。学習院大学野球部監督でもあった島津雅男。 

山の手美容院

吉行あぐりさん(1907~2015)が、107歳で亡くなった。

20世紀の初めに生をうけた、モダニストとしての彼女を象徴する代表的なものが、「山の手美容院(吉行あぐり美容室)」であるだろう。

1929年、開設当初の建物の設計は、「日本のダ・ヴィンチと呼ばれた男」「すべての僕が沸騰する男」村山知義(1901~1977)。

ベルリンでダダイズムに出会い1923年に帰国。「マヴォ(Mavo)」や「三科」といった集団で活動し、美術・ダンス・建築・デザイン・演劇などにおいて、全方位的な想像力の開放を夢想しながら、宇宙的な多様性をみせた人物だ。

建物は東京五番町(市ヶ谷駅前)にあったが、第二次世界大戦における建物疎開の対象となったため、残念ながら現存しない。トケオ

Photo 山の手美容院 1929

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »