« 香りへの旅 | トップページ | リトル・ドラマー・ボーイ »

石川桂郎

俳人、神蔵器(かみくらうつわ)による月刊正論「師の相貌」を読む。

昭和2年に鶴川村(町田市)の農家に生まれた神蔵の人生を決めたのは、生涯の師となる人との偶然の出会いであったという。

「俳句で飯を食っている人が近所にいるから行ってみないか」と友人に誘われ、神蔵は興味本位で石川桂郎の家を訪ねる。(当時、敗戦で荒廃した都心を逃れ、石川は鶴川村に疎開していた。)

「あれは昭和22年の2月のことです。寒い夜でした。桂郎先生は突然訪ねて来た私と友人のために、乏しい炭を使い切って部屋を暖めてくださいました。先生はまたいらっしゃいとおっしゃてくださいましたが、その時はまだ俳句をやろうなんて思ってもいませんでした。ただ、先生がくべてくださった炭のお返しはしなきゃならないと思いながら辞したのです。後日お礼のつもりで炭俵をかついでいくと、今度来る時は俳句を持ってきなさいと言われました。」

半月後、神蔵は自作の俳句を持って石川を再訪する。その中の一句「春泥や足跡ごとの水溜り」を、石川はすぐさま「春泥や足跡ごとの水明り」と改める。

「これで俳句への関心がわき、桂郎先生についていこうと決めたのです。面白いことにその帰り道、蛙の鳴き声が聞こえることにきづいたんですよ。俳句を意識すると、自ずと神経が自然に向かうんですね。」

以来、神蔵は桂郎の弟子となり、桂郎が創刊した「風土」を今、主宰として継承している。俳人がよく使う「俳縁」という言葉は、このように深く強い縁であるのだろう。

「あまり寒く笑へば妻もわらふなり」 石川桂郎 

昭和22年作句。句集「含羞」所収。季題は「寒し」で冬。「一片の炭無し」と前書きがある。トケオ

Photo 石川桂郎

 

« 香りへの旅 | トップページ | リトル・ドラマー・ボーイ »

俳句」カテゴリの記事

コメント

「春泥や足跡ごとの水溜り」でもかなりいい感じだと思うけど「春泥や足跡ごとの水明り」と改めるとすばらしく陰影がくっきりするね!映画「オズの魔法使い」で画面が白黒からカラーに切り替わったところみたいというか。
一瞬で添削した先生もエライしそれを感じ取ったイシカワさんも鋭い。なんかうらやましい師弟関係だよなあ。

石田波郷、石川桂郎、石塚友二、石橋辰之助の4人はとても仲が良かったので、私はひそかに「4石」と呼んで、その俳句を楽しんでいます。ファットマン様も是非いちど。

弟子はカミクラさんの方なんだね、勘違い。
石田ハキョー以外は聞いたこともないなあ。今度お店行ったら教えてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/58269463

この記事へのトラックバック一覧です: 石川桂郎:

« 香りへの旅 | トップページ | リトル・ドラマー・ボーイ »