« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

11月の休み


11月の定休日は、3日(月)、9日(日)、16日(日)、24日(月)、30(日)です。

遊動のブルース・チャトウィン

  湯川豊著「本のなかの旅」を読む。イギリスの旅行作家ブルース・チャトウィンを、同じく作家のレドモンド・オハンロンが回想している。

  とんでもない早朝に、「30分で迎えに行く。一緒にブラックマウンテンに行こう。」とチャトウィンから電話があり、やがて白のシトロエン2CVがオハンロンの家の前に止まる。

  ブラックマウンテンに着いたチャトウィンは革のブーツをはき、濃い海老茶色のショルダーバッグを肩にかけて歩き出す。このバッグは俳優のジャン・ルイ・バローがチャトウィンのために特別にデザインしたものである。バッグの中にはモンブランの万年筆、革表紙のノートブック、英訳の「戦争と平和」、映画監督のヴェルナー・ヘルツォークにもらった見たこともないほどに優美な双眼鏡が入っている。

  力強い大股で丘を登り、ひたすら歩き続けるチャトウィンが、「ロシアの小説を書くのが生涯の夢だ。」という話をしている最中に、一台のバンがヨロヨロとやってきて、チャトウィンのバッグを引っ掛け、チャトウィンは見事に空中でトンボ返りをする。回転中もしゃべり続けていて、「トルストイみたいにまっすぐ語るんだ。小細工はない。」のちょうど「小細工はない。」というところでチャトウィンは溝に転がり落ちている。 トケオ

  Photo  ブルース・チャトウィン

松山市営球場のヨギ・ベラ

  俳句の仲間から、「長嶋茂雄が引退した年に、松山市営球場で大リーグのチームと巨人軍の試合を観た。」と聞き、さっそく図書館で調べてみた。

  1974年(昭和49年)11月13日(水曜日)の愛媛新聞によると、日米親善野球第13戦、読売巨人軍vsニューヨーク・メッツの試合は前日の11月12日(火曜日)、松山市営球場に2万5000人の大観衆を集めて行われていた。

  平日であり、野球ファンの小・中学生、高校生の姿が全く見えない中での超満員はチョット想像がつかない。試合はメッツが主砲クレインプールの活躍で、序盤に5-0とリードした巨人軍を逆転し、7-5と勝利している。

  クレインプールの決勝本塁打は、右翼場外への大アーチで、外野席の最上段をはるかに越え、南側のテニスコートの近くへ落ちたようだ。試合後に地元の造船所から勝利チーム賞に贈られた牛が連れてこられると、メッツのヨギ・ベラ監督(アメリカの長嶋茂雄!)は目を丸くしてビックリ仰天し、「クレインプールがレストランを経営しているから彼に切ってもらってステーキにしようか。」と言いながら、牛と仲良く記念撮影したという。

  予想以上にボールパーク的で魅力的な雰囲気を感じつつ、出場選手の記録をチェックしていたら、のちにニューヨーク・ヤンキースの監督として松井秀喜を指導するジョ-・トーリが4番ファーストで出場し、4打数4安打の活躍をみせていた。

  ジョー・トーリと長嶋茂雄が、40年前の松山市営球場で同じ試合に出場していたとは驚きで、何か因縁めいたものを感じる。デレク・ジーターと松井秀喜が生まれたのが、この年つまり1974年のことだからである。トケオ

  Photo_2 ヨギ・ベラ

 

田中小実昌

  野見山暁治著「四百字のデッサン」に、野見山の義弟、田中小実昌の飄々とした若い頃の姿が描かれていておもしろい。

  九州から上京してきた野見山の父親が、勝手に家を飛び出した野見山の妹の消息を聞いて激怒し、「いま一緒に棲んでいるテキヤの男(これが田中)とショッピイてこい!」と野見山にがなりたてる。

  野見山は東横線で渋谷へ行き、井の頭線で吉祥寺へ行き、中央線に乗って横田の米軍基地あたりで降り、暗い中を歩き回って、ようやく目指す百姓家を突き止める。

  襖を開けると、狭い畳に田中と妹がいた。 

  野見山 「親父が二人と飲みたいと言っているから来てくれ」

  田中   「おっ、酒が飲めるのか嬉しいな」 

  妹    「アニキもオヤジも勘違いしないでよ!コミは居候なんだからね。毎日毎日出て

        ゆきますと言いながら平気な顔をして、何よ、今すぐ出て行ってよコミッ!」

  田中は下着と歯ブラシを風呂敷に包み、「兄さん、お聞きのようなわけで、私はこれで失礼しますから、お父さんにお伝えください」と深々と頭をさげ、本当に出て行ってしまう。ピッタリと閉められた襖を見ながら、この夜更けにどこで寝るのだろうと、野見山が申し訳なく思っていると、襖が開き、新参者の風情で現れた田中がゆっくり頭をさげ,「あの、今晩ひと晩だけ泊めてちょうだい」と言う。

  結局その夜、3人は電車に乗り、野見山の父親に会いに行くのであるが、家に着くまで妹はカンカンになって怒り、田中のほうは「ああ酒が飲める。え、兄さん、焼酎じゃないんでしょうね、酒でしょうね、ああ久しぶりに酒が飲める」と独りはしゃいでいる。トケオ

  Photo  田中小実昌

 

十月のお休み

  十月のお休みは、5日(日)、13日(月)、19日(日)、26日(日)です。

  12日(日)は営業いたします。トケオ

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »