« ジョン万次郎とエイハブ船長とペリー提督 | トップページ | 石津謙介氏のコチ飯 »

グリーンゲーブルズのアン

  「アメリカ木造住宅の旅」の続きを読む。 

  ペリーの生家は、空間をより大きくするために、屋根の勾配を途中で変える工夫がみえる。「腰折れ屋根」とか、将棋の駒に似ているので「駒形切妻屋根」などと呼ばれるものだ。建物は、屋根裏部屋の天井高を十分に取ってあるから、窓も容易に付けられ、この部分に寝室を設けることができる。

  ちなみに、「赤毛のアン」の原題は「グリーンゲーブルズのアン」といい、アンは「緑の破風」をみせる家に住んでいた。アンもまた、この屋根裏部屋で寝たのだろう。(トケオ)

                                                                       Photo 

グリーンゲーブルズ

« ジョン万次郎とエイハブ船長とペリー提督 | トップページ | 石津謙介氏のコチ飯 »

トケオのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

赤毛のアンの切り口が違うかもだけどw、アン・シャーリーの外見モデルとなったイヴリン・ネスビットって人にもなかなか惹きつけられますねぇ。

赤毛のアンって、こんな美人の物語だったとは・・・!

それを踏まえて改めて読んでみるかなwww

乱駆郎さまへ。イヴリン・ネスビット、確かに美人ですね。
ちなみに私のおすすめは、リリアン・ギッシュです。ぜひチェックしてみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/56247845

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンゲーブルズのアン:

« ジョン万次郎とエイハブ船長とペリー提督 | トップページ | 石津謙介氏のコチ飯 »