« 自由な俳句 | トップページ | オカザえもん »

カーリング見てます。

ソチ五輪のカーリング競技が始まっています。
今のところ(カナダ戦前)日本は2勝3敗と苦戦が続いています。
これからランキング上位チームと当たっていくので、厳しい戦いになると思いますが、チームワークで頑張って欲しい!

この日本代表チームは「北海道銀行フォルティウス」のメンバーです。
「シムソンズ」「チーム青森」と活躍した小笠原歩(旧姓小野寺)と船山弓枝(旧姓林)が中心となり、吉田知那美、小野寺佳歩、苫米地美智子を加えた5人。
特に1978年生まれの小笠原と船山は一度引退、結婚、出産を経て、また現役に復活しました。
カーリング競技は比較的選手寿命が長く、特にスキップ(最終投者)は経験のある年長者が多いのです。
2010年の優勝国スウェーデンのスキップは43歳でした。
日本がカーリング強豪国になるためには、選手層の厚みと底上げ、つまりベテランの彼女達の活躍が必要なのです。
もちろんこの大会でも上位に入って欲しいけれど、次の2018年の平昌五輪まで見据えて、応援しています。(ポン酢)


追記

日本のチームワークの良さが出たのは、例えばカナダ戦の第4エンド。
スキップ小笠原の最終投、後攻の日本はドロップショット(置きに行くゆっくりとした投石)を決めれば、ナンバー1,2のストーンになり2点獲得できる場面でのこと。
小笠原のショットはやや弱く、このままではナンバー1まで届かないかもしれない。
普段はスイープに加わらない船山まで加わり、3人で懸命に氷を掃く。
指示役の小笠原も見つめる中、スイープで距離を伸ばしたストーンは、無事ナンバー1になる。
到達を知らずに未だ夢中で掃き続ける小野寺の背中を、「大丈夫、届いたよ」というように軽く叩く小笠原。
まさにチームワークの得点でした。

« 自由な俳句 | トップページ | オカザえもん »

ポン酢のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

あかん、負けてしもた。
やっぱりカナダ強いなあ。
これでも善戦ってことかなあ。
あとは美人揃いのロシアチームでも応援しようかなあと思っているファットマンです。

カーリングで不思議なのは、予選を勝ち抜いた単独チームでオリンピックに出るところなんだよね。
これってバレーボールで、今回は東レアローズ単独で出ますっていうようなものだよね。
国内オールスターメンバーで出るわけにはいかないのかな。

>ファットマン様

スイスに勝ちました!
これで準決勝進出の望みがつながりました~。

単独チームで出場の件ですが、中国、カナダ等は選抜チームで出場しているようです。
過去に日本も検討したらしいのですが、結局単独チームになっています。
多くの選手が職業を持ちながらの活動なので、企業の支援がなければ成り立たないのでしょう。
カーリングの国内リーグが出来るなど、「プロ」の選手が生まれるようになれば、オールスターメンバーもあり得るのではないでしょうか。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/55004477

この記事へのトラックバック一覧です: カーリング見てます。:

« 自由な俳句 | トップページ | オカザえもん »