« プリ・リル・ベイビー | トップページ | 愛媛マラソン »

金栗四三のゴールイン

  ソチ五輪も始まったし、明後日はいよいよ愛媛マラソン、ということで日本人初のオリンピック選手であり、日本の「マラソンの父」と称される金栗四三(かなぐり しそう 1891~1983)の話。

  1912年のストックホルム五輪。金栗はマラソン競技に出場するものの、レース途中、日射病で意識を失って倒れ、近くの農家で介抱される。目を覚ましたのは、既に競技の終わった翌日の朝。実際、「死のレース」として記憶されているほど、この大会のマラソンは過酷で、ポルトガルのラザロ選手が、やはり日射病で倒れ、翌日死亡している。

  時は経ち1967年、スウェーデンの五輪委員会は、ストックホルム五輪開催55周年を記念する式典に金栗を招待し、途中棄権の彼をゴールインさせる。

  金栗が競技場をゆっくりと走り、ゴールテープを切った瞬間のアナウンス。「日本の金栗、ただいまゴールイン!タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒03。これをもって第5回ストックホルム五輪大会の全日程を終了します」

  そしてゴールイン後の金栗のスピーチ。「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」

  それでは、愛媛マラソンに出場するランナーのみなさん。健闘を祈ります。(トケオ)

  Photo

    金栗四三のゴールイン

 

« プリ・リル・ベイビー | トップページ | 愛媛マラソン »

トケオのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/54896996

この記事へのトラックバック一覧です: 金栗四三のゴールイン:

« プリ・リル・ベイビー | トップページ | 愛媛マラソン »