« カーリング見ました。 | トップページ | 「猫だましい」 »

北予中の中村信一選手

  母校、松山北高(当時は北予中)は昭和6年、第8回全国選抜中等学校野球大会に出場し、みごと勝利している。チームの遊撃手、中村信一選手は、のちに法政大学を経てプロ野球の東京セネタースに入団する。

  華麗な守備で名人芸といわれた、東京セネタースの主将苅田久徳は、当時来日した大リーグチームの二塁守備を見て、その重要性に気づき、自ら二塁のポジションについて、遊撃のポジションを法政大学の後輩である中村選手に譲ったようだ。

  「キーストーン・コンビ」とよばれる、この二遊間を中心に、百万ドルの内野陣を形成した東京セネタースは、都会的でスマートなチームカラーが売り物で、大変人気があったらしい。

  今では球団も消え、本拠地であった上井草球場も残っていないのは残念だが、松山商の景浦将選手らと同時代に、母校の先輩がプロ野球の世界で活躍していたことを知って、とても満足している。(トケオ)

  Photo 東京セネタース 前列右から二人目が中村信一選手 後列左端が苅田久徳選手 

 

« カーリング見ました。 | トップページ | 「猫だましい」 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/55081651

この記事へのトラックバック一覧です: 北予中の中村信一選手:

« カーリング見ました。 | トップページ | 「猫だましい」 »