« ヤァップ! と1月のお休み | トップページ | リトル・ホンダ »

東京暗黒街 竹の家

サミュエル・フラー監督の「東京暗黒街 竹の家」をTSUTAYAで借りてきて観る。

フラー監督は、ゴダールの映画「気狂いピエロ」に出演していて、「映画とは何か?」との質問に対し、「映画とは戦場のようなものだ。愛、憎しみ、アクション、暴力、そして死。要するにエモーションだ。」と答えている。この映画を観て、少しだけその意味がわかったような気がする。  

ジャーナリスト時代に第二次対戦に志願し、ノルマンディー上陸作戦に参加した経験をもつフラーの戦地でのポートレートをロバート・キャパが撮っている。(トケオ)

  Photo

  ロバート・キャパ 「サミュエル・フラー」

 

 

« ヤァップ! と1月のお休み | トップページ | リトル・ホンダ »

トケオのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

「東京暗黒街 竹の家」って、なんだか焼肉屋か牛丼屋の映画みたいな邦題だなあと思うのはファットマンだけなんでしょうか(笑)。

いや、私もですwww >ファットマンさん

ファットマンさん、乱駆郎さん、さすがです。題だけで、この映画の魅力のすべてを見抜いています。
素晴らしき「ヤクザ、ゲイシャ、フジヤマ」の世界。浅草あたりの川の上の、なんだこりゃっていうあばら家に、アメリカ人が住んでいて、風呂に入ったままポーチドエッグを食べる。まさに「焼肉屋か牛丼屋の映画」なんです。笑えるから是非借りて観てみてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/54523626

この記事へのトラックバック一覧です: 東京暗黒街 竹の家:

« ヤァップ! と1月のお休み | トップページ | リトル・ホンダ »