« ウルトラアイでスパーク | トップページ | ラウンドアバウト »

「冬のフロスト」読みました。

読書の冬、ということで「冬のフロスト」読み終わりました。
R・D・ウィングフィールドの「フロスト警部」シリーズ最新作です。
第一作「クリスマスのフロスト」以来のファンなので、警部ともずいぶん長いお付き合いなります。
内容など詳細はAmazonでチェックしてもらうとして、いつも気になっていた表紙のイラスト。


Photo_3


シリーズ当初は「なんか変なイラストだなぁ」って思っていたのですが、今は「このシリーズにピッタリだわぁ」に変わりました。
村上かつみ氏というイラストレーターが描かれています。
ちなみに手前のおっさんがフロスト警部、奥が‘くそったれ‘マレット署長です。
この表紙にピンときた方、もしくは
「あぁ、今日は会社で上司に理不尽なこと言われて、もうアッタマきた!
最近やたら寒いし、今日はもうどこにも出かけず、一日こたつでお酒でも飲みながら本でも読んで、グダグダしてやる!」
ってな方に、うってつけの本です。
でも、読み切るまで眠れなくなって、翌日に障っても知りませんよ。(最近画像挿入で行を稼ぐことを覚えてしまったポン酢)


追記:ここで‘頭にきた‘と書いたのですが、ある方より「愛媛では‘腹立つ‘が多いよ」と教えて頂きました。私は関東育ちなので何も意識せずに‘頭にくる‘を使ったのですが、西日本では‘腹が立つ‘がスタンダードなのですね。とても面白いご指摘でした。

« ウルトラアイでスパーク | トップページ | ラウンドアバウト »

ポン酢のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/53932536

この記事へのトラックバック一覧です: 「冬のフロスト」読みました。:

« ウルトラアイでスパーク | トップページ | ラウンドアバウト »