« パッシブ短歌 | トップページ | チェコの鳥居 »

さよなら三角またきて四角

朝ドラ癖がつき、「あまちゃん」に引き続き「ごちそうさん」も見ています。
先日劇中で「大阪では三角のおにぎりは弔事、ふつうは俵型」とあって、びっくりしました。
では大阪の人は、コンビニでおにぎりが三角なのを、最初はどんな風に受け止めたんでしょうね。

さて、石川県出身の両親のもと埼玉で育った私が、松山に来て不思議に思ったこと。
それは「油揚げが三角」なこと。
今まで私は「四角の国」に住んでいたけど、ここは「三角の国」なのか?(四国だけど)
油揚げのお味噌汁を作ろうと思っても、三角だと上手く短冊に刻めないよ~。
トケオに言っても、「じゃ松山揚げを使えばいいよ」と言われ、なぜ三角なのかは不明のまま。
油揚げが三角だから松山の稲荷寿司が三角なのは分かったけれど。

ここからは私の想像なのですが、もしかして豆腐の形に関係あるのかな。
油揚げは豆腐を切って作りますよね。
西日本は豆腐が正方形で、だから油揚げも稲荷寿司も三角。
(正方形を斜め半分に切って二等辺三角形にする)
東日本は豆腐が長方形で、だから油揚げも稲荷寿司も四角。
(長方形を真ん中で切って四角を作る)
う~ん、間違ってたら御免なさい。
豆腐油揚げ事情に詳しい方、教えて下さいな。

丸(俵)、三角、四角、というと禅問答みたいになっちゃうかも。
でもモノのカタチは文化や歴史の表れだと思うので、この三角四角の問題、まだ考え中です。(ポン酢)

« パッシブ短歌 | トップページ | チェコの鳥居 »

ポン酢のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

「してみると四角な世界から、常識と名のつく一角を磨滅して、三角のうちに住むのを芸術家と呼んでもよかろう」(漱石「草枕」より)。アラン・ターニーは作品の重要なテーマと考えられるこの部分を踏まえ、「草枕」の英訳に「The Three-Cornered World」という題名をつけたんだよ。


>十兵衛様へ

三角の国に住むのは、尖がってる人なんでしょうか?
私としては、丸くなりたい方なんですが。
三角も二つ合わせれば四角となり、四角も重ね合わせていけば丸に近づきますよね。
と、そんな話ではないですか。
「草枕」、お正月休みにでも読めたら読んでみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/54060227

この記事へのトラックバック一覧です: さよなら三角またきて四角:

« パッシブ短歌 | トップページ | チェコの鳥居 »