« コツメカワウソです。 | トップページ | 一人鍋始めました。 »

「夢みるスケール」

  建築家の彦坂裕が書いた「夢みるスケール」っていう本を読んだ。

  新幹線の1両分の長さ、原爆ドームの高さは25メートルで、岡本太郎の「明日の神話」はちょっと長くて30メートル。このへんまでが、人間の身体性の中で了解できる範囲で、40メートルを超えると「デカい」っていうだけで、実感として捉えにくくなるんだって。

  たしかに、自由の女神、東大寺大仏、原発建屋なんかは45メートル超で、なんとなく手に負えないって感じがしないでもない。著者は楽しそうに、清水の舞台にゴジラを立たせたり、厳島神社の鳥居とガンダムを並べたりして遊んでるから、読んでいてとても楽しかった。(トケオ)

  Photo_17 明日の神話

 

« コツメカワウソです。 | トップページ | 一人鍋始めました。 »

トケオのつぶやき」カテゴリの記事

トケオの読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/53812626

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢みるスケール」:

« コツメカワウソです。 | トップページ | 一人鍋始めました。 »