« 昨日のスポーツは愛媛デー | トップページ | 10月のお休み »

海堀酔月の川柳

ケルアックに続いて、海堀酔月(かいぼりすいげつ1917~2007)の川柳。

 骨は拾うな煙の方がぼくなんだ

 ほんとうは泳げるんです豆腐

なんとも肩の力が抜けて、風刺がきいていて可笑しい。句集「両忘」のあとがきに酔月はつぎのように書いている。「両忘は禅語のひとつで、生と死、有と無の両方を忘れ尽くすことで、精神的自由を得られるという教えだ。」と。そういえばケルアックもまた禅の影響を強く受けた詩人であった。

« 昨日のスポーツは愛媛デー | トップページ | 10月のお休み »

俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/53465838

この記事へのトラックバック一覧です: 海堀酔月の川柳:

« 昨日のスポーツは愛媛デー | トップページ | 10月のお休み »