« 幻の甲子園 | トップページ | 九月のお休み<訂正版> »

「関白」こと石井藤吉郎

前回書いた幻の甲子園。出場した選手に水戸商の石井藤吉郎がいる。のちに早稲田大学野球部の名物監督になる「関白」こと石井藤吉郎であるが、野球人のなかで、私の知るかぎりではダントツのギャグセンスをもっている。

例えば全日本の監督としてキューバチームと対戦した時のこと。絶体絶命のピンチにマウンドに行って「ピッチャー交代、急場(キューバ)しのぎだっぺ」って、たぶんそのギャグが言いたくて、わざわざマウンドまで行っているんじゃないか。野手たちは当然大爆笑。観客のほうは、なんでそんなに笑ってるのかよくわからない。
ある時は「巨人と中日どちらが勝つでしょうか」という質問に「巨人だっぺ。正力松太郎(勝利決まったろう)だっぺ」って、質問者は完全に脱力してしまうだろう。
戦争に行ってシベリアに抑留され、そうとう苦労したり、悲惨な体験している人間の強さと軽みがこのギャグセンスに現れている。
  Photo

« 幻の甲子園 | トップページ | 九月のお休み<訂正版> »

野球」カテゴリの記事

コメント

なんというレベルの高いオヤジギャグなんだ正力松太郎www

この領域に到達するにはかなりの修行が必要ですね。

がんばろ・・・。


いやいや乱駆郎さんのギャグ、すでに高みに達してますよ。うちのポンズは師匠って言ってますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/53164186

この記事へのトラックバック一覧です: 「関白」こと石井藤吉郎:

« 幻の甲子園 | トップページ | 九月のお休み<訂正版> »