« 千々石とチワワ | トップページ | ゴーヤーカレーライス »

坪内道則と「あみん」

ドラゴンズが近藤貞雄監督に率いられ、ついにリーグ優勝を果たしたのは1982年のこと。

その年のちょうど秋頃から「あみん」がブレイクしており、先に日程を終えた巨人の藤田元司監督(西条高)が「私待つわ~って、まさに今の俺の心境だな。ところでこの娘たち誰?えっ名古屋の女子大生だって。よしてよ縁起でもない。」って確か山藤章二が週刊朝日のブラックアングルに描いていたような。
リーグ優勝を決めたドラゴンズの選手寮から「ザ・ベストテン」の生中継があり、当時寮長だった坪内道則(松山商)が「あみん」と共演していました。こうして私は、往年の名選手坪内道則(1948年に日本プロ野球史上初の1000試合出場1000本安打達成)が動いているところを初めて見たのでした。
   Photo_14

« 千々石とチワワ | トップページ | ゴーヤーカレーライス »

野球」カテゴリの記事

コメント

長らく埋まらなかった島谷の穴をケン・モッカが見事に埋めてくれた。モッカ、谷沢、大島の不動のクリーンアップ、中尾の一休さんヘルメット姿も忘れられません!

ほんと、モッカのおかげでした。小学生のイチローも大ファンで、サインもらってます。イチローのメジャーデビューがアスレチックス戦で、そんときモッカがベンチコーチだったから,挨拶に行ってましたっけ。4000本もモッカのおかげかもねー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/52982089

この記事へのトラックバック一覧です: 坪内道則と「あみん」:

« 千々石とチワワ | トップページ | ゴーヤーカレーライス »