« 14日営業15日休業です。 | トップページ | 「居酒屋兆治」見ました。 »

内子の三もぐり

「わすれかけの街」によると、現在ホヤケンがある場所はいつごろか内子尚武会の寄宿舎になっていたようです。越智二良の随筆集「たれゆえ草」にも、この寄宿舎にバットやミットをさげた野球選手が多くいて、鬼菊地の末弟ら血気の若者が寝起きしていたとあります。

鬼菊地とは「内子の三もぐり」の一人、菊地秀次郎のことで松山中学から三高へ進学して、剛腕投手として活躍した野球選手です。のちに金鉱技師になって地下深くもぐりました。
ちなみに「内子の三もぐり」の他の二人は、潜水艦乗りで海底深くもぐった重岡信次郎と飛行機乗りで大空深くもぐった(ちょっと無理があります)安達東三郎です。
  Photo_15

« 14日営業15日休業です。 | トップページ | 「居酒屋兆治」見ました。 »

わすれかけの街」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/52419702

この記事へのトラックバック一覧です: 内子の三もぐり:

« 14日営業15日休業です。 | トップページ | 「居酒屋兆治」見ました。 »