« 瓢太郎2 | トップページ | 埼玉県狭山市出身です。その1 (ポン酢) »

澤屋まつもと

伊丹万作監督の息子、伊丹十三監督は京都伏見にある松本酒造さんと親交があったようで、伊丹映画には「澤屋まつもと」の一升瓶がよく登場しています。時々ポン酢が発見して喜んでいますが、どの映画だったか一升瓶がピラミッドのように積み上げてある場面があったような。 

ホヤケンでは伊丹十三監督の愛した酒として、開店以来イチオシしています。とにかくどんな肴にもよくあうスッキリとした辛口で、いつまでも飲みあきることがない素晴らしいお酒です。
「酸は控えめで、はんなりとした優しさ。品よく伸びやかで、多様な味が感じられるが角はたっていない。だしの効いた料理と。」と、ある酒ジャーナリストがテイスティングしてコメントしています。是非一度飲みに来てください。
  Photo_2

« 瓢太郎2 | トップページ | 埼玉県狭山市出身です。その1 (ポン酢) »

ホヤケン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/345020/52112021

この記事へのトラックバック一覧です: 澤屋まつもと:

« 瓢太郎2 | トップページ | 埼玉県狭山市出身です。その1 (ポン酢) »